社会課題解決「みやぎチャレンジプロジェクト」に参加しています

NPO法人仙台グリーフケア研究会は「わかちあいの会」を継続させるために
赤い羽根共同募金「みやぎチャレンジプロジェクト」に挑戦します!

わかちあいの会は、2006年にスタートし、今年で13年目です。始まりは、自死遺族のためのわかちあいの会。その後、自死以外の原因で大切な方を亡くされた方々のためのわかちあいの会を同時開催。

現在は、仙台・石巻・気仙沼・山形で、原因を問わず大切な人を亡くされた方はどなたでも参加できる「わかちあいの会」を開催しています。

安心してご自身のグリーフを語れる場である「わかちあいの会」を5年先にも10年先にも継続していきたい。今回のプロジェクトを通して多くの方々に「わかちあいの会」を知っていただきたい。大切な方を喪った方がグリーフを語りたいと思った時に語れる場を続けていきたい・・・。

そんな当法人の思いを応援して下さい。 ご協力をお願いいたします。

*募集期間は、3ヶ月です。それ以降の募金は、当法人に入金されません
2019年1月1日から3月31日

*振込手数料は一切かかりません

*税制優遇として
・個人の寄付 : 所得税については、所得控除または税額控除の対象に、住民税については税額控除の対象となります。
・法人の寄付 : 法人税については全額損金算入となります。

*クレジット決済が可能です
・クレジット寄付金は2,000円からです。
・100,000円以上の場合は、何度かに分けてご決済をお願いいたします。
・ご入用な方には、領収書を発行させていただきます。
*振込み用紙が足りない場合は、すぐにお送りいたします、お知らせ願います。

みなさんの周りの方々にも、ぜひお伝えください。

みやぎチャレンジプロジェクト

募金の方法など詳細は
社会課題解決「みやぎチャレンジプロジェクト」(http://akaihane-miyagi.or.jp/challenge/org11)をご覧ください。

プロジェクトの期間は平成31年1月1日から3月31日までの3ヶ月限定の企画です。皆様、宜しくお願い申し上げます。