自死対策研修

仙台グリーフケア研究会では2004年の設立時より、「わかちあいの会」などの自死遺族の支援活動や、シンポジウム等の自死に関する啓発活動を実施して参りました。2011年からは、医療者にできる自死対策としての自死未遂者に対する際のノウハウを学ぶセミナーを行っております。

医療現場のみならず関心がある方が誰でも参加可能なセミナーとして、2020年2月2日には自死を減らすためのアルコール対策』もしかしたら自分にも起こるかもしれない~飲酒と自死の関係を開催致しました。


自死を減らすためのアルコール対策


もしかしたら自分にも起こるかもしれない~飲酒と自死の関係

〇主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会 共催:佐藤利憲研究室(福島県立医科大学看護学部)
〇開催日時:2020年2月2日(日) 10時~17時
〇会場:仙台市医師会館 5階研修室( 若林区舟丁64-12)
〇対象:医療従事者、その他支援者
〇参加費:無料
講師
東海大学健康科学部 社会福祉学科准教授 稗田 里香 氏
同志社大学社会学部 社会福祉学科准教授 野村 裕美 氏

スタッフ
北里大学病院 トータルサポートセンター ソーシャルワーク室 係長 左右田 哲 氏
東北会病院 リカバリー支援部部長 鈴木 俊博 氏
リカバリハウス いちご 生活支援者 渡邊 洋次郎 氏


アルコール依存症は、「見ようとしないと見えない」問題であることから治療や支援に結びつきにくく、悲惨な状況に陥りようやく病気と知ることも少なくありません。
2014年に施行されたアルコール健康障害対策基本法は、「自業自得」のスティグマを張ら れた飲酒問題を、国、地方自治体、酒類販売者、医療従事者、国民等が責任を持って取り組む 社会の問題として位置づけました。法律の目的の一つには、自死をはじめとするアルコール関 連死を減らすことが掲げられ、アルコール依存症の渦中にいる人々にアウトリーチする場とし て、一般医療機関への期待が高まっています。